私は、心臓血管外科を専門として多くの手術に携わってきました。
得意な手術は、冠動脈バイパス術、中でも糖尿病に代表される高度動脈硬化病変を有する狭心症に対する冠動脈内膜剥離術や long onlay-patch grafting(冠動脈再生を目指した手術)や弁膜症に対する手術、 特に狭小弁輪を有する大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術や経カテーテル的大動脈弁移植術(TAVI)、 大動脈弁閉鎖不全症に対する自己弁温存大動脈基部置換術(大動脈弁形成術)、 僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術や肥大型心筋症に対する広範囲心筋切除術です。また心臓再手術も得意な手術としています。
“心臓の手術をしたら、仕事を辞めなくてはならない”“もう運動は控えなくてはいけない”と悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、 今まで以上に心臓の機能を向上させるのが手術です。手術前より元気になりたい方、これから何かやりたいことがある方には、特に手術治療をすすめています。ぜひご相談ください。


お問い合わせはこちらから。