Publications & Presentations
「Please press Control + F for free word search」
学会
(海外)
1Shuichiro Takanashi,Shin Yamamoto,Yasuyuki Hosoda,Yoshihiro Shimizu : Long Segmental Reconstruction of LAD with Endarterectomy Using Onlay Patch of Left Internal Mammary Artery. 10th Annual Meeting of the Asian Society for CardioVascular Surgery.2002.4.19(Jeju Island, Korea)
2Shuichiro Takanashi : Off pump long onlay patch reconstruction of diffesery diseased LAD. THE 9TH ANNUAL MEETING 2003 Cardiothoracic Techniques & Technologies. 2003.3.19
3Shuichiro Takanashi,Toshihiro Fukui,Yasuyuki Hosoda : Off pump coronary stent removal and endarterectomy in patients with in-stent restenosis. THE 10TH ANNUAL MEETING 2004 Cardiothoracic Techniques & Technologies. 2004.3.11
4Shuichiro Takanashi :The Sakakibara Heart Institute Experience & Long Onlay Patch Grafting. First Global Summit of Valvular Disease(Roma).2008.04.09
5Shuichiro Takanashi :The latest OPCAB in Japan & SAKAKIBARA Experience. MALAYSIAN ASSOCIATION FOR THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 11th ANNUAL SCIENTIFIC MEETING.2008.10.31
6Shuichiro Takanashi : Reconstruction of LAD by Long Onlay patch grafting of IMAーNew method of CABG. KMT meeting 2009.2009.4.4
7Shuichiro Takanashi : Clinical results of aortic valve surgery in octogenarians -Sakakibara Experience-. The 12th South China International Congress of Cardiology. 2010.4.10
8Shuichiro Takanashi : Surgery for Coronary Artery Disease (3)‐Operative Techniques ‘Reconstruction of LAD by “Only Patch Grafting of IMA”‐New Method of CABG. The 20th Annual Congress of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia. 2010.10.30
9Shuichiro Takanashi : Special Lecture 1 “Long segmental reconstruction of diffusely diseased LAD with LITA”. When Interventional Cardiologists Meet Cardiac Surgeons 2010(Taiwan).2010.11.7
10Shuichiro Takanashi : Long segmental reconsturuction of diffusely diseased LAD with LITA. Optimisation of Treatment in Complex Coronary Artery Disease (Taiwan). 2011.7.2
11Shuichiro Takanashi : MV Repair in Infective Endocarditis:Challenges and Results. 2nd Heart Care Heart International Symposium(Thailand).2013.2.16
12Shuichiro Takanashi : CABG for Chronic Hemodialysis Patients. 2nd Heart Care Heart International Symposium(Thailand).2013.2.16
13Shuichiro Takanashi : A New Trend in Aortic Valve-sparing Operations ;22nd Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery. 2014.4.4
14Shuichiro Takanashi : Aortic valve implantation for Small annulus Patients. CVS Seminar in SEOUL 2014. 2014.9.16
15Shuichiro Takanashi : How I Perform Endarterectomy; AATS International Coronary Congress 2015 New York, NY US. 2015.8.21
(国内)
1高梨秀一郎,清水幸宏,末広茂文,岩岡聡,小浜正博 : 下壁心室瘤akinesisを合併した狭心症に対しA-Cバイパス及び心室瘤切除を行った1手術例.第60回 日本循環器学会近畿地方.1985.12.7
2高梨秀一郎,清水幸宏,末広茂文,岩岡聡,小浜正博 : 胸部及び腹部に限局性解離を伴った重症弁膜症の一手術例. 第139回 近畿外科学会.1986.5.10
3高梨秀一郎,清水幸宏,末広茂文,岩岡聡,小浜正博 : 僧帽弁逆流を伴った重症三枝病変症例に対する一手術例. 第61回 日本循環器学会近畿地方会. 1986.7.5
4高梨秀一郎,小浜正博,青木啓一,古田昭一,京増芳則,相澤忠範 : PTCA後、緊急CABGを施行したASD合併の1症例. 第63回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1987.9.5
5高梨秀一郎,小浜正博,青木啓一,古田昭一,大塚徹 : 開心術後自家血輸血の経験一特に当院で考案したシステム及び臨床上の問題点について. 第66回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1988.6.25
6高梨秀一郎,小浜正博,青木啓一,大塚徹 : 自己血輸血を行った成人ASD症例の検討. 第68回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1988.12.10
7高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,古田昭一,大塚徹 : 開心術における自己血輸血の検討. 第19回 日本心臓血管外科学会学術集会. 1989.6.8
8高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,古田昭一,大塚徹,岩橋建 : 縦隔炎破裂から左胸腔内破裂に至ったと思われる下行胸部大動脈瘤の1手術救命例. 第71回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1989.9.2
9高梨秀一郎,澤田準,清水左恵子 : 開心術後の心嚢液貯留と収縮性心内膜炎の発生について. 第37回 日本心臓病学会学術集会. 1989.10.30
10高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,古田昭一,稲田英一,岩橋建,青木洋一 : 開心術におけるヘパリン療法の検討. 第20回 日本心臓血管外科学会学術集会. 1990.2.22
11高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,稲田英一,岩橋建,青木洋一 : Innominate arteryより静脈グラフトによる2枝CABGを行ったunstable anginaの1手術経験. 第74回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会1990.6.9
12高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,沼田健司,加藤和三 : 自己血開心術におけるRecombinant human erythropoietin至適投与量の検討. 第43回 日本胸部外科学会総会.1990.10.18
13高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,古田昭一,沼田健司,加藤和三 : 自己血開心術におけるRecombinant human erythropoietinの有用性の検討. 第21回 日本心臓血管外科学会学術集会. 1991.5.30
14高梨秀一郎,青木啓一,小浜正博,古田昭一 : 待機的冠動脈バイパス術の準備血液量に関する考察―エリスロポリチン使用症例での検討. 第44回 日本胸部外科学会学術総会. 1991.10.2
15高梨秀一郎,青木啓一,古田昭一 : Re-MVR、Re-TVSI後に発生したCandidaによる三尖弁位人工弁感染性心内膜炎の1手術症例. 第80回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1991.12.7
16高梨秀一郎,青木啓一,古田昭一 : 大動脈弁穿孔、僧帽弁瘤を合併した感染性心内膜炎の1手術症例. 第81回日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1992.2.15
17高梨秀一郎,山村光弘,田所雅克,青木啓一,古田昭一 : MVR(MH弁)後遠隔期の中垂炎後に血栓弁が疑われ、血栓溶解療法が奏功した1例. 第84回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 1992.12.5
18高梨秀一郎,青木啓一,山村光弘,田所雅克,古田昭一 : 心臓手術後の回収式自己輸血の細菌学的安全性. 第23回 日本心臓血管外科学会学術集会. 1993.3.3
19高梨秀一郎,清水幸宏,木村英二,西沢慶二郎,金子和麿 : Mills法によるLAD内膜摘除術の経験. 1995.10.4
20高梨秀一郎,清水幸宏,木村英二,西沢慶二郎,石川巧,金子和麿:びまん性狭窄病変に対する冠動脈バイパス術-内膜剥離術後の血管造影所見,臨床成績-.第9回日本冠疾患学会学術大会. 1995.12.9
21高梨秀一郎,清水幸宏,木村英二,西沢慶二郎,石川巧,金子和麿 : infarction exclusion法の1工夫-Two pieces method. 第39回日本胸部外科学会関西地方会. 1996.6.21
22高梨秀一郎,清水幸宏,木村英二,西沢慶二郎,石川巧,金子和麿 : 冠動脈外科における新しい技術 左冠動脈に対する内膜摘除術. 第1回日本冠動脈外科学会. 1996.7.12
23高梨秀一郎,清水幸宏,木村英二,西沢慶二郎,石川巧,金子和麿 : Mills法によるLAD内膜摘除術の早期成績. 第49回日本胸部外科学会総会. 1996.10.15
24高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇,野口正人 : Minimally invasive direct coronary artery bypassの経験. 第23回日本外科系連合学会. 1998.6.6
25高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇,野口正人 : 感染ペースメーカーリード抜去の一工夫-非体外循環使用,傍胸骨アプローチ. 第41回日本胸部外科学会関西地方会,1998.6.18
26高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇,野口正人 : 左内胸動脈に次ぐ動脈グラフトの選択-特に余った末梢側ITAの利用について-.第3回日本冠動脈外科学会.1998.7.1
27高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇 : CABGにおける右内胸動脈及び橈骨動脈グラフトの早期成績. 第86回日本循環器学会近畿地方会. 1998.12.5
28高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇 : 冠動脈バイパス術と頸動脈内膜剥離術の同時手術の経験. 第42回日本胸部外科学会関西地方会. 1999.6.18
29高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇 : 多枝動脈グラフトを用いたCABGの成績-特に橈骨動脈グラフトの使用. 第4回日本冠動脈外科学会. 1999.7.2
30高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,服部浩治,福井寿啓,文元建宇 : 左前下行枝に対する冠動脈内膜剥離術の中期遠隔成績. 第52回日本胸部外科学会総会. 1999.10.5
31高梨秀一郎,清水幸宏,西沢慶二郎,南村弘佳,石川巧,福井寿啓,文元建宇 : び慢性狭窄病変を有する左前下行枝への血行再建術の検討-LAD long onlay patch anastomosis. 日本胸部外科学会関西地方会第43回学術集会. 2000.6.15
32高梨秀一郎,清水幸宏,南村弘佳,石川巧,福井寿啓,文元建宇 : 左前下行枝への冠動脈内膜剥離術 endarterectomy with long onlay patch anastomosis. 第5回冠動脈外科学会学術集会. 2000.7.22
33高梨秀一郎,清水幸宏,南村弘佳,石川巧,村上忠弘,細野光治,文元建宇,西宏之 : LADに対する直視下冠動脈内膜剥離術の有用性. 第31回日本心臓血管外科学会学術集会. 2001.2.7
34高梨秀一郎,山本晋,河内和宏,高橋明仁,三原和平,石川和徳,福井寿啓,細田泰之,中村淳,清水幸宏 : LADに対する広範囲血行再建術の有用性-long segmental LAD reconstruction with endarterectomy. 第50回日本心臓病学会学術集会. 2002.9.11
35高梨秀一郎 : インターベンション後のCABGの注意点. Tokyo Live Demonstration 2002(ランチョンセミナー). 2002.10.25
36高梨秀一郎 : Sequential bypass using radial artery. Complex Catheter Therapeutics 2002(ミニレクチャー). 2002.11.1
37高梨秀一郎,福井寿啓,三原和平,石川和徳,細田泰之,中村淳,清水幸宏 : LADに対する広範囲血行再建術の有用性‐long segmental LAD reconstruction with endarterectomy‐. 第16回日本冠疾患学会学術総会. 2002.12.13
38高梨秀一郎,福井寿啓,三原和平,石川和徳,美甘章仁,山本晋,細田泰之,中村淳 : Long Segmental Reconstruction of LAD with Onlay Patch Graft Using an Internal Mammary Artery. 第67回日本循環器学会学術総会. 2003.3.28
39高梨秀一郎,三原和平,福井寿啓,石川和徳,美甘章仁,山本晋,細田泰之 : PCI後びまん性冠動脈病変に対する完全血行再建術.第33回日本心臓血管外科学会学術集会. 2003.5.15
40高梨秀一郎,三原和平,福井寿啓,石川和徳,美甘章仁,山本晋,細田泰之 : 患者の利益を損なうことなくOPCABへの移行は可能か. 第33回日本心臓血管外科学会学術集会. 2003.5.16
41高梨秀一郎,三原和平,福井寿啓,宝来哲也,田端実,内室智也 : Heart PositionerとStabilizerの有効利用法ーStarfishの正しい使い方ー. 第8回日本冠動脈外科学会学術集会. 2003.7.4
42高梨秀一郎 : 透析患者に対するCABGの成績と問題点ー完全血行再建か非完全血行再建か?ー. Complex Catheter Therapeutics 2003. 2003.10.23
43高梨秀一郎 : OPCABにおけるグラフト選択とその使用法. 第17回日本冠疾患学会学術集会.2003.12.12
44高梨秀一郎 : Drug Eluting Stent以降のCABG. 第17回日本冠疾患学会学術集会(ランチョンセミナー). 2003.12.13
45高梨秀一郎,三原和平,福井寿啓,北林克清,宝来哲也,田端実,内室智也,細田泰之 : 急性冠症候群に対する冠動脈バイパス術の検討.第17回日本冠疾患学会学術集会. 2003.12.13
46高梨秀一郎 : 広範囲血行再建術 ーOnlay Graftin法ー. 第37回日本胸部外科学会九州地方会(ランチョンセミナー). 2004.7.30
47高梨秀一郎 : OPCABの新しい展開. 日本麻酔科学会 第52回学術集会. 2005.6.2
48高梨秀一郎 : Aggressive Strategy for Diffuse arterial scleroticlesion in OPCAB. 第18回世界心臓胸部外科学会日本支部会. 2005.7.7(軽井沢)
49高梨秀一郎 : DES時代における冠動脈バイパス術の潮流ーそれで何が変わった? 第5回日本心血管カテーテル治療学会学術集会. 2005.8.27
50高梨秀一郎 : OPCABの実際(卒後教育セミナー). 第58回日本胸部外科学会学術集会. 2005.10.4
51高梨秀一郎 : 多枝OPCABにおけるハートポジショニングのテクニック(ランチョンセミナー). 第58回日本胸部外科学会学術集会.2005.10.5
52高梨秀一郎 : 冠動脈疾患治療の最前線(レクチャー). 第46回日本脈管学会総会. 2005.12.1
53高梨秀一郎,福井寿啓 : Post operative outcomes of patients who underwent CABG with mild to moderate IMR. 第70回 日本循環器学会総会学術集会. 2006.3.26
54高梨秀一郎,福井寿啓,山口裕己 : Long-term Results of Off-pump Coronary Artery Bypass Grafting. 第106回日本外科学会学術集会. 2006.3.29
55高梨秀一郎 : Developin Academic Surgeons5 如何にして一流の心臓血管外科医になるのか. 第36回 日本心臓血管外科学会学術集会. 2006.4.12
56高梨秀一郎 : To fill a Gap between CABG and PCI-Off pump,Diffuse,,,?(シンポジウム). 第6回日本心血管カテーテル治療学会学術集会. 2006.11.23
57高梨秀一郎 : CABGにおけるびまん性病変に対する手術(ランチョンセミナー). 第60回日本胸部外科学会定期学術集会. 2007.10.18
58高梨秀一郎 : CABGにおける治療戦略. 第60回日本胸部外科学会定期学術集会. 2007.10.20
59高梨秀一郎 : DES時代における冠血行再建術の選択~外科医の立場から~(ランチョンセミナー). 第21回 日本冠疾患学会学術集会. 2007.12.14
60高梨秀一郎 : Long onlay patch grafting法 ~Step by step~(Meet The Expert ). 第38回日本心臓血管外科学会学術総会. 2008.2.22
61高梨秀一郎 : 麻酔科医に知ってもらいたいこと~一心臓外科医の苦悩~. 日本麻酔科学会第55回学術集会. 2008.6.13
62高梨秀一郎 : 「Choice of conduits in CABG」Long Arterial Reconstruction Using the Left Internal Thoracic Artery under Direct Vision for Diffusely Diseased LAD(シンポジウム). 第13回日本冠動脈外科学会学術集会. 2008.7.17
63高梨秀一郎 : Surgical revacularization after restenosis of DES(ランチョンセミナー). 第13回日本冠動脈外科学会学術集会. 2008.7.17
64高梨秀一郎 : 最近の生体弁と機械弁:さらなる予後改善を期待する弁置換は?  On-x Vaive(パネルディスカッション).第8回日本生体弁研究会.2008.8.6
65高梨秀一郎 : 「内科と外科の融合」冠動脈疾患治療-外科にできること. 日本心血管インターベンション学会 第20回東海北陸地方会. 2008.11.15
66高梨秀一郎 : Optimal Management for reducing the incidence of cerebral infarction after coronary artery bypass grafting(ランチョンセミナー).ISMICS Winter Workshop2008. 2008.11.16(沖縄)
67高梨秀一郎 : Ultimate CABG for LMCA Disease -Case presentation-(シンポジスト). 第8回日本心血管カテーテル治療学会学術集会. 2008.11.24(京都)
68高梨秀一郎 : 虚血性僧帽弁逆流(ランチョンセミナー). 第22回日本冠疾患学会学術集会. 2008.12.12
69高梨秀一郎 : 循環器医療,研究の魅力について語ろう-若い人たちへのメッセージ- 心臓外科医になるため必要なこと(シンポジウム). 第22回日本冠疾患学会学術集会. 2008.12.12
70高梨秀一郎 : OPCABと術後脳合併症. 日本麻酔学会関東甲信越地方会群馬支部会「第12回研究会」. 2009.1.24
71高梨秀一郎 : スーパーテクニック-舶来から国産まで 「OL Patch前の内膜固定」. Complex Catheter Therapeutics 2009. 2009.1.30
72高梨秀一郎 : 苦労した症例に学ぶ(シンポジウム). Complex Catheter Therapeutics 2009. 2009.1.30
73高梨秀一郎 : 超高齢者に対する心血管領域侵襲的治療の適応をいかに考えるか(ラウンドテーブルディスカッション). 第73回日本循環器学会総会学術集会. 2009.3.20(富山)
74高梨秀一郎 : 心臓にやさしいオフポンプテクニック(日本メドトロニック社Booth Seminar). 第39回日本心臓血管外科学会学術総会. 2009.4.22
75高梨秀一郎 : 冠動脈バイパス術の成績にPCIは追いつけますか?. The26th LIVE DEMONSTRATION IN KOKURA. 2009.5.30
76高梨秀一郎 : OPCABと術後脳合併症‐更なる低侵襲化を目指して-.第66回東北地方会 日本麻酔科学会 北海道,東北支部 学術集会. 2009.9.12
77高梨秀一郎 : PCIか外科治療か  CABGを選ぶとき(コントラバーシー) . 第57回日本心臓病学会学術集会.2009.9.18
78高梨秀一郎 : CABG使用グラフトの変遷 -動脈vs静脈-(シンポジウム). 第50回日本脈管学会総会. 2009.10.30
79高梨秀一郎 : 進化する人工弁 -二葉弁‐(記念講演). 第47回 日本人工臓器学会大会. 2009.11.13
80高梨秀一郎 : CABGを極める 私のテクニック long onlay patch吻合(Meet the expert). 第23回日本冠疾患学会学術集会. 2009.11.19
81高梨秀一郎 : Will Technical Advances in CAGB Improve Clinical Outcomes?. 第74回日本循環器学会総会学術学会. 2010.3.6. (京都)
82高梨秀一郎 : Surgical Management for Severe AS(ラウンドテーブルディスカッション ). 第74回日本循環器学会総会学術学会. 2010.3.7(京都)
83高梨秀一郎 : ランチョンセミナー 手術成績向上のための僧帽弁形成術戦略 -内科医と外科医の連携-. 第109回日本循環器学会近畿地方会. 2010.6.5
84高梨秀一郎 : 冠動脈(心拍動下バイパス術). 第53回関西胸部外科学会学術集会(ハンズオンセミナー). 2010.6.24
85高梨秀一郎 : 第1回Dry labによるOPCABコンテスト. 第15回日本冠動脈外科学会学術大会(講師,審判). 2010.7.30
86高梨秀一郎 : 「あんた達、ちょっとやり過ぎなんじゃない? ~PCIを知り尽くした外科医からの提言~」-「Coronary interventionとしてのCABGを考える」. 第17回 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT九州地方会)(特別講演). 2010.7.31
87高梨秀一郎 : CABGを極める②-複雑病変に対する冠血行再建術. 第1回 日本心臓血管外科学会 サマーセミナー(Meet the expert). 2010.9.4
88高梨秀一郎,田端実,福井寿啓,真鍋晋,下川智樹,加瀬川均 : 僧帽弁逆流の手術時期-僧帽弁形成術の限界. 第58回 日本心臓病学会学術学会(コントラバーシー). 2010.9.18
89高梨秀一郎 : PCI,CABG のすみわけをどうするか-PCI後再狭窄症例に対するCABG. 第58回日本心臓病学会学術学会(日本心臓血管外科学会ジョイントシンポジウム). 2010.9.18
90高梨秀一郎 : 遠位部主管病変の治療はPCIかCABGか. 第20回日本心血管インターベンション治療学会. 2011.7.21
91高梨秀一郎 : 我々の低侵襲心臓手術. 日本麻酔科学会北海道,東北支部第1回学術集会. 2011.9.10
92高梨秀一郎 : Efficacy of Early Surgery for Patients with Asymptomatic MR. 第59回日本心臓病学会学術集会(コントラバーシー). 2011.9.24
93高梨秀一郎 : Syntax以降のCABG. 第111回日本循環器学会九州地方会. 2011.12.3
94高梨秀一郎 : DES時代の左主幹部病変に対する治療戦略:CABG vs DES   「Optimal Grafting Strategy for Left Main Stem Disease」.第76回日本循環器学会学術集会(コントラバーシー). 2012.3.16
95高梨秀一郎 : 日本人への経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の臨床成績:PREVAIL JAPAN Trailより             「経心尖部アプローチによるTAVRの適応、技術と治療成績」. 第76回日本循環器学会学術集会(Fireside Seminarr). 2012.3.16
96高梨秀一郎 : 僧帽弁形成術の至適手術時期. 第23回心エコー図学会学術集会. 2012.4.21
97高梨秀一郎 : OPCABの基本手技. 第25回日本胸部外科学会教育施設協議会. 2012.6.2
98高梨秀一郎 : 虚血性心疾患の外科治療. 第55回 関西胸部外科学会学術集会. 2012.6.22
99高梨秀一郎 : TAVR:大動脈狭窄症の病理/TAVRの現況. 弟21回 日本心血管インターベンション治療学会. 2012.7.13
100高梨秀一郎 : OPCABの実際 -Knack&pitfalls-(ランチョンセミナー). 第17回日本冠動脈外科学会学術大会. 2012.7.12
101高梨秀一郎 : 左主幹部病変に対する最善の治療法. 第17回日本冠動脈外科学会学術大会. 2012.7.12
102高梨秀一郎 : Long onlay-patch grafting. 第17回日本冠動脈外科学会学術大会. 2012.7.13
103高梨秀一郎 : 臨床実施症例報告. 第1回ステントレス僧帽弁臨床研究会学術集会. 2012.7.28
104高梨秀一郎 : Normo弁が適応と思われた2症例. 第1回ステントレス僧帽弁臨床研究会学術集会. 2012.7.28
105高梨秀一郎 : 僧帽弁形成術の術中評価‐経食堂エコーの重要性‐. 第17回日本心臓血管麻酔学会. 2012.9.16
106高梨秀一郎 : 心臓血管外科コース 冠動脈 Endarterectomy手技. 第65回日本胸部外科学会定期学術集会(Postgraduate Course). 2012.10.17
107高梨秀一郎 : Recurrent MRから学ぶこと. 第65回日本胸部外科学会定期学術集会(ランチョンセミナー). 2012.10.18
108高梨秀一郎 : 冠動脈外科の現況と展望. 第74回日本臨床外科学会. 2012.11.29
109高梨秀一郎 : Extensive Endarterectomy and reconstruction of the left anterior coronary artery. 第26回 日本冠疾患学会学術集会(ランチョンセミナー). 2012.12.14
110高梨秀一郎 : How to develop a cardiovascular Surgeon?. 第43回日本心臓血管外科学会学術総会(Developing the Academic Surgeon 12心臓血管外科専門医のトレーニングプログラム ). 2013.2.25
111高梨秀一郎 : 私の”こだわりの”手術手技:長期予後を考慮した弁形成手術(ビデオシンポジウム). 第43回日本心臓血管外科学会学術総会. 2013.2.27
112高梨秀一郎 : 当院におけるMitroflowの使用症例. 第43回日本心臓血管外科学会学術総会(MITROFLOW Japan Launch Symposium). 2013.2.27
113高梨秀一郎 : OPCAB in Japan. ASCVTS2013(シンポジウム). 2013.4.5
114高梨秀一郎 : LAD完全血行再建の意義. 第56回関西胸部外科学会学術集会(ランチョンセミナー). 2013.6.13
115高梨秀一郎 : 生体弁時代の機械弁の選択. 第56回関西胸部外科学会学術集会(ランチョンセミナー). 2013.6.14
116高梨秀一郎 : Coronary Artery Bypass Grafting in Diabetic Patients. 第61回日本心臓病学会学術集会. 2013.9.20
117高梨秀一郎 : CABG患者に合併する心房細動の治療. 第61回日本心臓病学会学術集会. 2013.9.21
118高梨秀一郎 : 弁膜症治療の原点回帰と進化(1)-大動脈弁-.第66回日本胸部外科学会学術集会(ランチョンセミナー). 2013.10.17
119高梨秀一郎 : Aortic Valve Sparing Surgery for significant AR. 第4回日本心臓弁膜症学会. 2013.11.2
120高梨秀一郎 : ARとMRに対する内科外科のcross talk. 第143回日本循環器学会東海地方会(教育講演). 2014.7.5. じゅうろくプラザ
121高梨秀一郎 : ACSに対する冠血行再建~最新のガイドラインに基づいた至適治療戦略とは~. 第19回日本冠動脈外科学会学術大会. 2014.7.11. ホテル東京ガーデンパレス
122高梨秀一郎 : 臨床心臓病学における性差医学,医療の実践 女性のCABG-off pump症例での検討-.第62回日本心臓病学会学術集会.2014.9.26. 仙台国際センター
123高梨秀一郎 : 「冠動脈病変に対する治療戦略」-日本の冠動脈外科医に課せられた役割-. 第67回日本胸部外科学会定期学術集会(ランチョンセミナー).2014.10.2. 福岡国際会議場
124高梨秀一郎 : ここまでできる自己弁温存大動脈弁基部置換術. 第5回日本心臓弁膜症学会. 2014.12.6. THE GRAND HALL
125高梨秀一郎 : 最新のガイドラインに基づく弁膜症の外科治療. 第42回日本集中治療医学会学術集会(パネルディスカッション).2015.2.10. ホテル日航東京
126高梨秀一郎 : 心臓弁膜症手術の基礎知識(ランチョンセミナー). 日本心臓病学会症例検討会. 2015.4.17. ステーションコンファレンス東京
127高梨秀一郎 : Changing Issue of Surgical Indication for Valvular Heart Disease after Emergence of The 2014 AHA/ACC Guideline(KSC-JCS Joint Symposium). 第79回日本循環器学会学術集会. 2015.4.24. 大阪府立国際会議場
128高梨秀一郎 : Extensive Reconstruction of the Left Anterior Descending Coronary Artery with an Internal Thoracic Artery Graft(会長特別企画2). 第79回日本循環器学会学術集会. 2015.4.24. 大阪府立国際会議場
2011-2010 学会発表
 発表者
共同発表者
演題名  会 名 発表日
21 高梨秀一郎 Syntax以降のCABG 第111回 日本循環器学会九州地方会 2011.12.3
20 高梨秀一郎 Efficacy of Early Surgery for Patients with Asymptomatic MR 第59回 日本心臓病学会学術集会 2011.9.24
19 高梨秀一郎 我々の低侵襲心臓手術 日本麻酔科学会北海道・東北支部第1回学術集会 2011.9.10
18 高梨秀一郎 遠位部主幹病変治療はPCIかCABGか 第20回 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2011) 2011.7.21
17 高梨秀一郎 心臓外科医を続けるということ 第16回 日本冠動脈外科学会 2011.7.15
16 高梨秀一郎 DES時代でのCABGの役割(教育講演) 日本循環器学会 第122回北陸地方会 2011.7.2
15 高梨秀一郎 手術を表現する(教育講演) 第54回 関西胸部外科学会 2011.6.30
14 高梨秀一郎 大動脈基部再建術(Re-implantationを含めて) 第54回 関西胸部外科学会 2011.6.30
13 Shuichiro Takanashi Reconstruction of LAD By “Only Patch Grafting of IMA’‐New Method of CABG The 20th Annual Congress of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia
(中国)
2010.10.30
12 高梨秀一郎 Tips and pitfalls of re-sternotomy following CABG(Postgraduate Course) 第63回 日本胸部外科学会定期学術集会 2010.10.24
11 高梨秀一郎 PCI後再狭窄症例に対するCABG 第58回 日本心臓病学会学術学会 2010.9.18
10 高梨秀一郎
田端実
福井寿啓
真鍋晋
下川智樹
加瀬川均
僧帽弁形成術の限界 第58回 日本心臓病学会学術学会 2010.9.18
9 高梨秀一郎 複雑病変に対する冠血行再建術 第1回 日本心臓血管外科学会 サマーセミナー 2010.9.4
8 高梨秀一郎 Coronary interventionとしてのCABGを考える 第17回 日本心血管インターベンション治療学会
(CVIT九州地方会)
2010.7.31
7 高梨秀一郎 広範囲冠動脈再建術 第53回 関西胸部外科学会学術集会 2010.6.24
6 高梨秀一郎 冠動脈(心拍動下バイパス術) 第53回 関西胸部外科学会学術集会 2010.6.24
5 高梨秀一郎 手術成績向上のための僧帽弁形成術戦略 -内科医と外科医の連携- 第109回 日本循環器学会近畿地方会 2010.6.5
4 Shuichiro Takanashi Clinical results of aortic valve surgery in octogenarians -Sakakibara Experience- The 12th South China International Congress of Cardiology(中国) 2010.4.10
3 高梨秀一郎 Surgical Management for Severe AS 第74回 日本循環器学会総会学術学会 2010.3.7
2 高梨秀一郎 Will Technical Advances in CAGB Improve Clinical Outcomes? 第74回 日本循環器学会総会学術学会 2010.3.6
1 高梨秀一郎 高齢者に対する冠動脈バイパス手術
(卒後教育セミナー)
第40回 日本心臓血管外科学会学術総会 2010.2.14
講演
1 高梨秀一郎 : Long Onlay LIMA Patch for Severe Diffuse LAD Lesions. The13th Coronary Surgery Research Group meeting in KOREA. 2014.4.12. YONGPYONG
2 高梨秀一郎 : 「映像で見心臓外科治療:看護師がおさえておきたい基礎から最新の話題まで」
セッション③弁膜症手術 セッション④大動脈瘤手術. 看護師セミナー. 2014.5.17. TKP品川カンファレンスセンター
3 高梨秀一郎 : もう一つの弁形成術-Modified Yacoub technique -. 目黒・世田谷循環器周術期カンファレンス. 2014.6.11. 目黒雅叙園
4 高梨秀一郎 : TAVI時代のA弁手術(Discussion6 東京ハートラボ ジョイント企画). The Echo Live 2014. 2014.6.14. 大阪国際会議場
5 高梨秀一郎 : SURGICAL AVR UPDATE Trifecta Update. SAVR&TAVR FORUM 2014. 2014.6.21. ホテル日航大阪
6 高梨秀一郎 : ステントレス僧帽弁の臨床例の報告. 第3回ステントレス僧帽弁臨床研究会. 2014.7.13. 大阪銀杏会館
7 高梨秀一郎 : 大動脈弁狭窄症の侵襲的治療. 第13回津軽海峡循環器カンファレンス. 2014.7.19. ホテルニューキャッスルNOVA
8 高梨秀一郎 : OPCABの手術手技と戦略. 第4回広島CVセミナー. 2014.9.6. ひろしまハイビル21
9 高梨秀一郎 : 大動脈弁置換術のpitfall. HEART VALVE EXPERITISE COURSE. 2014.9.27
10 高梨秀一郎 : HOCMに対する外科治療の工夫. 第3回重症心不全外科研究会. 2014.10.2. 福岡国際会議場
11 高梨秀一郎 : 心臓手術のお話. つるかめ健康セミナー.2014.10.18. 小金井市民交流センター
12 高梨秀一郎 : Coronary-Scientific Program この症例は是非××科でやって欲しいLMT. CCT2014 Surgical. 2014.11.1. 神戸ポートピアホテル
13 高梨秀一郎 : ハートチームにおける外科医の役割. 第34回福岡虚血性心臓病懇話会. 2014.11.6. 西鉄グランドホテル
14 高梨秀一郎 : LAD完全血行再建法. 愛媛県内科会総会. 2014.11.29. 愛媛県医師会館
15 高梨秀一郎 : 三尖でconversionしたcase. 第2回Aortic Valve Academy.2014.12.27. 六本木アカデミーヒルズ
16 高梨秀一郎 : 重症大動脈弁狭窄症の外科治療. 多摩地区虚血性心疾患研究会.2015.1.17. 杏林大学病院
17 高梨秀一郎 : 冠動脈バイパス術~その治療戦略を考える~. 第2回心臓・血管外科カンファランス. 2015.02.21. ホテルマイステイズ宇都宮
18 高梨秀一郎 : Anterior(Extensive)/Bi leaflet prolapse Video-live3-4. APAC Mitral Academy. 2015.3.21. グランドプリンスホテル京都
19 高梨秀一郎 : Aortic Valve intervention in Octogenarian. 2nd Cardiothoracic surgery in the elderly symposium. 2015.4.4. 韓国
20 高梨秀一郎 : 大動脈弁基部温存置換術. KCJL SURGICAL. 2015.4.18. メルパルク京都
21 高梨秀一郎 : HOCMの外科治療. KCJL SURGICAL. 2015.4.18. メルパルク京都
2011-2010 講演
発表者
共同発表者
演題名 会 名 発表日
32 高梨秀一郎 冠動脈複雑病変に対する手術手技 近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)2011 2011.12.24
31 高梨秀一郎 僧帽弁形成術の要点 京滋心臓血管術エコー研究会 2011.11.12
30 高梨秀一郎 TAVI その実際と問題点 第8回 Tokyo Heart Vuconsortium 2011.10.27
29 高梨秀一郎 心臓外科手術の実際 熊本保健科学大学 2011.10.21
28 高梨秀一郎 The Present and the Future:Japanese Surgeons Perspective Sino-Japanese Cardiovascular Form(中国) 2011.8.11
27 高梨秀一郎 Long segmental reconsturuction of diffusely diseased LAD with LITA Optimisation of Treatment in Complex Coronary Artery Disease(台湾) 2011.7.2
26 高梨秀一郎 高度石灰化大動脈弁狭窄に対する治療戦略 第64回 宮崎市群医師会病院心臓病研究会 2011.6.15
25 高梨秀一郎 心臓・大血管手術の実際 循環器理学療法講習会(榊原記念病院) 2011.6.11
24 高梨秀一郎 LAD完全血行再建の意義 第80回 北海道シネアンジオ研究会 2011.6.4
23 高梨秀一郎 心臓外科医のモチベーション 1st 関東MOMIJI Forum 2011.4.23
22 高梨秀一郎 OPCABの術中術後管理 静岡心臓血管外科医会 第22回集談会 2011.4.9
21 高梨秀一郎 大動脈弁狭窄症 最新の外科治療 第11回 葉山ハートセミナー 2011.3.5
20 高梨秀一郎 大動脈疾患の外科治療 第372回 循環器研究会 2011.2.16
19 高梨秀一郎 高齢者大動脈弁狭窄症の外科治療 第115回 今治循環器疾患懇話会 2010.12.11
18 高梨秀一郎 Importance of teamwork-anesthetist & scrub nurse Off pump Soronary Artery Bypass Workshop 2010(マレーシア) 2010.11.25
17 高梨秀一郎 急性心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する二重パッチ法 第60回 近畿心臓外科研究会特別講演会 2010.11.13
16 高梨秀一郎 大動脈弁狭窄症の外科治療-最近の進歩 第5回 TAMA Cardiac Conference 2010.11.9
15 高梨秀一郎 Long segmental reconstruction of diffusely diseased LAD with LITA When Interventional Cardiologists Meet Cardiac Surgeons 2010(台湾) 2010.11.7
14 高梨秀一郎 中枢吻合を究める 第7回 ATCVS研究会 2010.10.23
13 高梨秀一郎 狭小弁輪に対するAVRの工夫 広島県弁膜症ワークショップ 2010.10.2
12 高梨秀一郎 虚血性心疾患の外科治療 高知県循環器談話会 2010.9.29
11 高梨秀一郎 最新の心臓外科治療の実際 JMS社内講演(韓国) 2010.8.28
10 高梨秀一郎 ハイリスク大動脈狭窄症例に対する治療戦略 Two Hundreds club 第9回 心臓外科ライブセミナー 2010.8.20
9 高梨秀一郎 Transcatheter Heart Valve -榊原記念病院の経験 第1回 弁膜症のカテーテル治療研究会 2010.8.7
8 高梨秀一郎 大動脈弁狭窄症の外科治療 第56回 七大学循環器研究会 2010.5.22
7 高梨秀一郎 1. 糖尿病患者の虚血性心疾患
~内科医の立場より&外科医の立場より~
?外科医の立場より
2. Unprotected LMT PCI vs CABG -「CABG」
The 27th LIVE DEMONSTRATION in KOKURA 2010.5.14
6 高梨秀一郎 弁輪形成におけるリング選択 近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)2010 2010.4.17
5 高梨秀一郎 低侵襲手術とリハビリ 久留米地区病診連携会 2010.4.14
4 高梨秀一郎 PCIとCABGとの境界 -CABGに出来ること- 第20回 愛媛県心臓病研究会 010.3.27
3 高梨秀一郎 虚血性心疾患の外科治療 -榊原記念病院ではいま- 松戸市医師会学術講演会 2010.2.25
2 高梨秀一郎 僧帽弁形成術の標準化にむけて The Japanese Society for Heart Valve Disease:1st Meeting 2010.2.18
1 高梨秀一郎 最近の心臓外科手術 ~榊原記念病院では今~ テルモ東京統轄支店 拠点内講演会 2010.1.14