ごあいさつ
心臓外科を標榜する病院は、日本全国におよそ500程あります。しかし、安全に、高度な心臓手術ができる病院として認められるには、最低でも年間100例以上の症例数が必要だと言われています。そう考えると、心臓外科の分野で最高水準と呼べるのは100施設にも満たないでしょう。
限られた施設で心臓外科医(術者)として確固たる地位を築くには、全国約5000人を超えるとされる心臓外科医の中でも抜きん出た知識と技術力を持つことが不可欠です。

このホームページでは、心臓外科医・高梨秀一郎が、自らの経験を通じて得た知識や手技、さらに日本で最も多くの症例数を持つに至った心臓外科医としての思いをまとめました。この場を通じて、より多くの命を救える優秀な医師と、救われる命が増えることを願ってやみません。

高梨 秀一郎

ある一人の心臓外科医から後輩に贈る
さて、そろそろ上がりに近づいた、しかし未だ現状に満足していない一人の外科医として後輩に伝えられることは何か、そして、それを考える前に自分がどうして外科医としてここにいるのか振り返ってみた。

今でこそ、自分は心臓外科医でござい、と称してはいるが、どの程度心臓外科医に思い入れがあったかというと、はなはだこころもとない。今も思い出すが同業であった父親をみるにつけ、このままでは自分はまともな社会人として、現代の競争社会を生き残っていくことは到底難しい、これは頑張って医者になるしかないな。そんないわば追いつめられたような思いが医学部に入る最も大きな動機だったような気がする。

結論を先延ばしにするかのように心臓外科の世界に入ってからも、いつ一般外科に変わろうか、いつ内科に転向しようか、と最初の頃はこの閉塞感のある世界から足を洗うことばかり考えていた。だからこそことあるごとにドロップアウトの誘惑に負けそうにもなった。その時、支えになったのは自分の不器用なまでの諦めない心であった。こう言えば聞こえはいいが、実は行動を起こすことが面倒であっただけかもしれない。

先を見通せない、計算高くない無骨な生き方、それは心臓外科医ではなかった父が教えてくれた、心臓外科医にとって最も大切な資質であったろうと思う。

一流の心臓外科医に求められること、それは「ここは誰にも負けないぞ」という得意分野を持つこと、それによって得られる循環器内科医の信頼が重要なことだと思う。

良い手術をするために必要なこと、それは外科医としての優れた腕、的確な判断力、必要な知識、確かな情報を得ることは当たり前のことであり、手術をすすめていくうえで最も大事なことは想像力、そして良い手術をみて真似する力と自分の型にあてはめ修正する力であろうと思う。

その先には、ひょっとしたら自分だけの新しい術式を生み出し、歴史に名を刻むようなことが起きるかもしれない。

経歴
学歴・職歴
1977年 3月 広島県修道学園高等学校卒業
1984年 3月 愛媛大学医学部医学科卒業
1984年 6月 兵庫医科大学 胸部外科臨床研修医
1985年 7月 関西労災病院 心臓血管外科臨床研修医
1986年 7月 兵庫医科大学 胸部外科医員
1986年 11月 財団法人 心臓血管研究所付属病院 外科レジデント
1988年 4月 財団法人 心臓血管研究所付属病院 外科研究員
1993年 10月 大阪市立総合医療センター 心臓血管外科
1999年 4月 大阪市立総合医療センター 心臓血管外科副部長
2001年 4月 医療法人社団 三記東鳳 新東京病院 心臓血管外科部長
2004年 8月 財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院 心臓血管外科部長
2006年 4月 財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院 心臓血管外科主任部長
2009年 10月 帝京大学医学部 心臓血管外科講座 特任教授 (兼任)
2012年 4月 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院 副院長兼心臓血管外科主任部長
2015年 4月 慶應義塾大学医学部 客員教授
所属学会

日本外科学会
日本胸部外科学会(評議員/教育施設協議会副会長)
日本心臓血管外科学会(評議員)
日本冠動脈外科学会(理事)
日本冠疾患学会(理事/編集委員会委員長)
日本循環器学会
日本心臓弁膜症学会(世話人)
日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会(世話人)
American Association for Thoracic Surgery
The Society of Thoracic Surgeonsv European Association for Cardio-Thoracic Surgery
The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery
学会指導医等

日本胸部外科学会指導医
心臓血管外科専門医認定機構修練指導者